ゲームが純粋に好きなだけ

TVゲーム好きのためのブログを始めました♪

電子書籍に切り替える!Kindleが便利過ぎる理由

f:id:minimum005:20170427195045j:plain

どうもミニマルです(`・ω・´)

私は基本的に電子書籍を利用していますが、やっぱりまだまだ紙の本を買う人が多いですよね。

たしかに紙の本の質感、本棚に並べているときの所有感、読みたい時に読みたいページがサッと読めるところは素晴らしい!!

本やマンガが大好きなので痛いほど分かります・・・。

 

ですが電子書籍は確実に普及してきていますし、電子書籍端末も進化していて凄く便利です!利便性は紙の本を上回るんじゃないでしょうか。

 

現状電子書籍端末はAmazonのKindleシリーズと楽天のKoboシリーズの2択で、私は

Kindleを利用しています。

Kindleを普段使いしていて「ここが便利だな」とか「地味にありがたい」と思ったところをまとめてみました。KindleじゃなくKoboでも同じことが言えるので、Koboに読み替えてもらっても構いません。

目が疲れない

ここで誤解している方がいたら勿体無いので最初に書いておきます。

スマートフォンやPCの画面を見てると目が疲れる・・・という方は多いですよね。

本を液晶で読むことに抵抗があるのは凄く分かります。私も今でも液晶画面で本は読みたくないです・・・

ですがその心配は全く無用です。

KindleシリーズやKoboシリーズには普通の液晶ではなくe-inkスクリーンというものが搭載されています。

このe-inkは電子インクと言われるもので、この技術により紙のように文字や画像を表示させることが出来ます。文字の表示も非常に綺麗で、なおかつ紙で読むのと変わらないくらい目が疲れません。

実際試してみるのが一番ですが、私が初めて利用した時は紙と同じ質感の画面に驚きました。iPadや普通のタブレットではなく、「電子書籍専用端末」の素晴らしさはこの一点に尽きるといっても過言ではないです。

それに加えて自分好みに文字を拡大して表示出来るので、目に優しく年齢を問わず使うことが出来ます。

好きな時に好きな本が読める

個人的にKindleを利用していて一番好きなところです。

例えば外出先で本を読みたくなったとき、ミステリー小説や純文学を読みたい気分のときもあれば流行りの本を読みたい気分のときもあります。

カバンに文庫本は入っているけれど、今はこの本を読む気分じゃない・・・ってことが過去によくありました。

面白くて読みやすい本を読むのと難しい本を理解しながら読むのでは全く違う気分ですよね。

その点Kindleには大量の本が入れられるので、カバンにKindleだけいれておけば読みたい本を選んで読めます。空いた時間に好きな本を選んで読めるのは嬉しい限りです。

買うのが楽ですぐ読める

電子書籍はインターネットで購入してすぐに読むことが出来ます。

わざわざ本屋に行ったり(本屋は大好きですが)購入して数日待つ必要が無いのは楽で凄く便利です。

「スマートフォンでKindleストアにアクセス→欲しい本を選ぶ→クレジットカードで即購入→ テザリングしてKindleをネットに繋ぎ、電子書籍をダウンロード→読む!!!!」

こんな流れです。もちろんKindleからも直接ストアにアクセス出来ますが、速度が早いスマートフォンのほうで本を探しています。

 

軽くて疲れない

私は「KindleOasis」を利用していますが、重量はなんと131gと一般的な文庫本よりも軽いです!実際の本より軽量なんて凄いと思いませんか?

腕への負担を減らせますし本を長時間読むなら軽いに越したことはありません。

ただしKindleにも種類があって、バックライト付き、一番安いモデルの「Kindle Paperwhite」で205gです。それでも文庫本より若干重いくらいです。

補足としてバックライト無しの無印「Kindle」は161g、Kindle Voyageは180gとなっています(Wi-Fi版)。

バッテリーの持ちが抜群

便利そうではあるけど充電が面倒・・・って考える人は多いと思います。

しかし今の電子書籍端末はめちゃくちゃ長くバッテリーが持ちます!

Amazonの公式サイトの掲載ではどのKindleもバッテリーが数週間は持つと書いていますし、実際に利用していて数週間持つのは個人的に実感しています(使用時間や画面の明るさにはよります)。

毎日スマートフォンを充電する人が多数だと思うので、「たまにKindleも一緒に充電しとこう」という程度で十分です。私はだいたい週に一回休日に充電する感じですが、もちろんバッテリーが切れたことはないです。バッテリーの持ちについて心配する必要は無いと思います。

地味に良いところ

辞書機能

本を読んでいて分からない単語が出てきたってことはありますよね。

いちいちスマートフォンを開いて調べなくても、そのままKindleで直接調べることが出来ます。些細なことですが快適に読書するうえでは必要な機能です。

しおり機能

当たり前ですが読書を途中で止めた時ようにしおりをはさむことが出来ます。いくつもしおりをはさむことが出来るので、好きなページに挟んでおいて後から見返すことも可能です。

文字サイズを自由に調整

例えばライトノベルはサクサク読めるので1画面に文字を多く表示したいですし、逆に難しい本を読むときは1画面の情報量は少なくしたいと私は思います。

難しい本を開いたとき、1ページに漢字がズラーって並んでて読書する気が無くなる・・・って経験があったので文字サイズを変えられる機能は重宝しています!

まあ普通に考えても文字サイズを変えれるのは便利ですよね。

無料3G

値段は上がりますが無料で3Gを使えるモデルもあります。外出先でWi-Fiが無い・・・という心配が無くなり、いつでも本を買って読むことが出来ます。

ただし小説以外は容量が大きいため3Gではダウンロード出来ないので注意。

また3G対応モデルはしおりの共有が地味に捗ります。

家では画面の大きいタブレットで読んで、途中しおりをはさむ→外出先では軽いKindleを持ち歩いて3G通信でしおりを取得→しおりのページから続きが読める

って感じです。

もちろんWi-Fi環境があれば同じことが出来ますが3Gだと環境を問わず使えて便利です。

本が安い

やはり中古の本と比べるとどうしても古本屋には勝てませんが、新品の本やマンガは値引きされていたりポイントが多く付いたりとお得です。

またKindleストアはセールをかなりやっているのでタイミング次第でかなり安く買うことが出来ます。

本をあまり売らない方、新品の本をよく買う方は電子書籍の方が安く済みます。

 

どの機種がおすすめ?

初めてKindleシリーズを買う人には「Kindle Paperwhite」のキャンペーン情報なしモデルがおすすめです。私も以前はこれを使っていましたが非常に便利でした。

キャンペーン情報つきモデルに比べて2000円高くなってしまいますが、キャンペーン情報(広告)がいちいち入らずに快適に使えます。

無印「Kindle」は安いですがバックライトがついていないため暗い場所では読みづらいです。といっても実際の紙の本と同じ環境ということなので割り切って使えば問題はないかと。

上位機種の「Kindle Voyage」「Kindle Oasis」はさらに軽く、またページめくりボタンが付いているため快適になっていますが値段が高いのがネックです。

Kindleシリーズは全て画面サイズが同じ、出来ることも全て同じなので、

 

バックライト要らない、安さが正義→「Kindle」

バックライト欲しい、コスパ重視→「Kindle Paperwhite」

 ページめくりボタン欲しい→「Kindle Voyage」「Kindle Oasis」

最高級の端末を使いたい→Kindle Oasis」

 

といった感じに選ぶと良いです。

公式サイトに一覧比較表があるので気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

快適に読めて場所も取らない、非常に便利なのでもっと愛用していきたいです。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

Fintie Kindle Paperwhite ケース 超薄 軽量 保護カバー オートスリープ機能付き (2016 NEW-Kindle Paperwhiteマンガモデル と 2012, 2013, 2015バージョン適応)
Fintie Kindle Paperwhite ケース 超薄 軽量 保護カバー オートスリープ機能付き (2016 NEW-Kindle Paperwhiteマンガモデル と 2012, 2013, 2015バージョン適応)

【Kindle(第7世代), Kindle Paperwhite カバー】Amazon限定 アマゾンボックスデザイン
【Kindle(第7世代), Kindle Paperwhite カバー】Amazon限定 アマゾンボックスデザイン

www.vocalozuki.com