【PS5】発売時期発表、注目ポイントはここ!

f:id:minimum005:20191009153228j:plain PS5の発売時期が「2020年の年末」と公式のTwitterで発表されました!

ついにPS5が来た・・・!!!!

PS4の発売時期が2013年なので、7年越しの待望の新機種。

家庭用ゲーム機の寿命って凄い長いですね、コスパ最強か。

PS5の現状発表されている仕様と、注目ポイントを述べたいと思います。

ゲーム機本体の構成

・CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2", 8cores/16threads

・GPU:AMD Radeon RDNA(Radeon DNA)-based graphics engine

・3Dオーディオ処理専用ユニット

・超高速アクセスが可能なカスタムSSD、AMD製カスタムチップ搭載

仕様

・PlayStation 4タイトルとの互換性

・PlayStation VR対応

・最大8K解像度出力まで対応

コントローラー

・ハプティック技術搭載

・L2/R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガー採用

物理メディア

・Ultra HD Blu-ray

・ゲームディスクとしての容量は100GB

ロード時間が爆速に

高速で読み書き出来るSSDとAMD製カスタムチップのおかげで、ロード時間が爆速化するそうです。

最近のゲームで重要なのが、いかにユーザーにストレスを与えないようにするか。

ソシャゲやネトゲなんかは特に意識していると思います。

今プレイしているモンスターハンターワールドのロード時間って普通に3,40秒するんですよね・・・

ゲームは面白いけど、そこがちょいストレス!

「ロード時間は、面倒だけどあって当然だよね!ずっとそうだったし!仕方ない!」

みたいなイメージなんですけど、これがほぼ無くなるのは本当に凄い。

PS5が主流になったら、前ハードにもう戻れなくなると思います。

後方互換性

物理メディアがUltra HD Blu-rayなので、PS4のディスクはそのまま読み込める可能性は高いです。

完全な互換性を確保できるかが課題ですが、PS4は特殊な設計ではないため大丈夫かなと。

そして、これからの時代はクラウドゲームサービスが非常に注目されています。

AppleのApple Arcade、GoogleのStadia、MicrosoftのxCloudなど、大手企業が続々参戦している現状です。

ソニーのPSNowでは現在PS3とPS4のタイトルが配信されていますが、これをさらに充実させて、PS1~PS4までのソフトを続々投入すれば天下を取れると思います。

クラウドゲームサービスなら互換性も容易なので、今後のタイトルに期待です。

振動機能が大幅強化

ハプティック技術というもので

「草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができる」

「雨がしとしと降っている様子や、雹(ひょう)が降っている様子などが、コントローラーの触覚を通じてフィードバック」

という説明があります。

ニンテンドースイッチのHD振動はあったら嬉しいくらいの機能だったので、どのくらい革新的な機能になるかは分からないですね。

もし説明通りなら、ゲームの没入感を高める非常に重要な要素になります。

めちゃくちゃ期待大なので、続報を待ちます!

L2・R2に抵抗力がプログラム可能

ゲームの状況によってL2・R2トリガーの押し込みやすさが可変するというもので

「弓を引くアクションでは弓がしなる感触が伝わる」

「レースゲームではアクセルの抵抗が再現される」

という説明があります。

どの程度再現できるのかはちょい疑問ですが、実現したら凄そうです!

ただ発表時の機能は凄くても、実用的かは別で

「PS4コントローラーのタッチパネルのタッチ機能を活かしたゲーム少なくない?」

「PS3コントローラーの6軸検出システムを使ったことある?」

「Vitaの背面タッチパネルなくても困らなくない?」

なんて思ったことも・・・

こういうのは実際に体験しないと分かりにくいものがあるので、ぜひ早く体験したいですね。

まとめ

現状で気になることは上記です。

グラフィックの進化も嬉しいですが、新しいゲーム体験ってやっぱりワクワクしますよね。

コントローラーでその要素を付け加えてくれるのは嬉しい限り。

こういう部分で他のゲーム機やスマホのゲームと差別化して、コンシューマーゲームの魅力を高めていってほしいです!!

それでは、また!!

www.minimal05.com