ゲームが純粋に好きなだけ

”テレビゲーム”好きのためのブログ(更新頑張ります)

iPad Pro 10.5インチを買うべき人、買うべきではない人は?

f:id:minimum005:20170720003016j:plain

一ヶ月ほど前にiPadProの新型、10.5インチを購入して毎日利用しています。

使っていて非常に便利な端末と感じますが、誰が買っても満足出来る・・・という訳ではないと思いました。

ではiPad Proを買うべきではない人、逆に買うべき人はどんな人でしょうか。

買わなくてもいい人

f:id:minimum005:20170720004247j:plain

旧型iPadPro(9.7インチ)を持っている人

変更点簡易表 

  iPadPro9.7インチ iPadPro10.5インチ
CPU A9X+M9モーションプロセッサ A10X Fusion+M10
ディスプレイ 2048×1536 2224×1668
    ProMotionテクノロジー
リフレッシュレート 60Hz 120Hz
ストレージ 32/128/256GB 64/256/512GB
背面カメラ f/2.2の開口部 f/1.8の開口部
前面カメラ 5メガピクセルの写真 7メガピクセルの写真
  720pHDビデオ撮影 1080pHDビデオ撮影
  Wi-Fi版437g/LTE版444g Wi-Fi版469g/LTE版477g

新型になり画面サイズが大きくなったほか、CPUが向上、解像度が若干向上(旧型2048×1536→新型2224×1668)、リフレッシュレートが倍増(60Hz→120Hz)、カメラ性能が向上、ストレージの増加など正統進化を遂げました。

 

しかしCPUは旧型の時点で十分性能が高いため、改めて性能の向上を感じる場面はかなり少ないと思います。というのも旧型の時点で基本的な用途には十分過ぎる性能を持っていたので、高負荷のゲームをする場合くらいしか性能を活かす機会が無いからです。

 

また今回Appleが推しているリフレッシュレートが120Hzになった点は確かに素晴らしく、ぬるぬる動くのを感じることが出来ます。ただし値段が69800円〜(税抜き)と高価なことを考えると買い換えるほどの魅力はないです

画面サイズを9.7インチから10.5インチしたのは単純に良い点と言えますが、大げさに言っても1回り分くらいなのでこれも買い換えるほどの変更点ではないです。

用途が基本的に娯楽の人

iPadProは性能が高くSIMが刺せる、スマートキーボード対応、Apple Pencil対応などのメリットはありますが、そこを気にしない方には「iPad(2017)」があります。iPad(2017)は3万7800円〜とかなりお買い得になり、CPUはA9チップ、液晶は9.7インチ(2048×1536)と普段使いには十分過ぎるスペックです。

 

普通の人が買ってもiPadProは持て余す性能を持っているので、コストパフォーマンスを考えるとiPad(2017)をおすすめします。

ネットサーフィンをしたりYouTubeで動画を見たり漫画を読んだり、こう言った用途を考えている人は特におすすめです。余ったお金で他のApple製品を買ったほうが満足度は高いと思います。

 

ノートPCの代わりとして使用したい人

iPadProは性能は非常に高いですがやはりノートPCの代用品にはなりません。

画面をタッチするよりノートPCのトラックパッドやマウスの方が断然使いやすいですし、インターフェース的にもノートPCとして使おうとすると不便な点が多いです。

 

ただし今年の秋にiOSのアップデートが予定され、ファイル管理アプリが登場&マルチタスキング強化が行われるのでPCに近くなることは間違いないです。

ノートPC用途を考える人は一旦秋まで評価が出るのを待つべきかもしれません。

買ったほうが良い人

f:id:minimum005:20170720004702j:plain

ビジネス用途の人

iPadProがiPadより優れている点としてApple Pencilというスタイラスペンに対応していることが挙げられます。このApple Pencil+iPadProの組み合わせは非常に便利で、手書きメモやPDFの書き込みが驚くほど快適に行えます。

画面が大きいため文字や線を書くのに不満を感じることもないですし、B5サイズでサッとペンで書けるのは単純に利便性が高いです。

 

またセルラーモデル(LTE対応モデル)はsimを刺せるのでどこでもインターネットを利用することができます。カフェや新幹線の中でインターネットが利用できるのは情報を活用するビジネスマンには魅力的ではないでしょうか。

絵を書く人

先ほど述べたApple Pencilはプロの絵師でも使用するくらい性能が高く、お絵かきアプリを使用することでiPadProを液タブとして使うことが出来ます。

 

液タブとして見るとiPadProはコストパフォーマンスに優れ、持ち運びできるサイズ感と軽さのため非常におすすめです。さすがにWacomの液タブには劣る点はありますが(書き心地やホバリング時のカーソル表示など)値段やタブレットとして使えることも考えると優秀なことには変わりありません。

 

最高の端末が欲しい人

値段を気にせず現状最高のタブレットが欲しいって人にはおすすめできます。simを刺せばどこでもインターネットが利用可能で性能は最高峰、画面も非常に綺麗でスピーカーの音質も良いです。

使い勝手も含めてこの値段でこの完成度は他にないと思います。

まとめ

iPadProは明確に用途が決まっている人が買うべきものだと思いました。

初めてタブレットを買う人は基本的にiPad(2017)がおすすめです。値段は安いですしタブレット用途ならこれで困ることは無いです。

ただもちろん凄く良い端末ではあるので、しっかり検討した上で購入する分には満足いくと思います。

私も絵描き用途と決めていたので購入して満足できましたし、優秀なタブレットであることは間違いないです。