ゲームが純粋に好きなだけ

”テレビゲーム”好きのためのブログ(更新頑張ります)

ゲーム用のモニタ・テレビを選ぶ基準は何?4KやHDRとは?

f:id:minimum005:20170708151911j:plain

大画面、綺麗な画面でゲームがしたい・・・

とゲームが好きな方なら誰もが思うはずです。

でもモニタやテレビは安くない買い物ですし失敗したくないですよね。

ということで選ぶ基準を説明したうえで、おすすめ商品を挙げていきたいと思います。

ゲーミングモニタやテレビを選ぶ基準は7つ

サイズ

これは単純に画面の大きさです。

40~50インチくらいの画面でゲームをやると同じゲームでも迫力が段違いですし、迫力という面では大きいに越したことはありません。

しかし部屋の大きさとの兼ね合いもありますし、FPSをやる方は一瞬で全体を把握出来る22~25インチがおすすめです。

解像度(4K)

f:id:minimum005:20170708135425g:plain

(引用:http://ggdesign.blog48.fc2.com/blog-entry-284.html?sp)

解像度とは簡単に言えば「ドット」と呼ばれる色や明るさを表現する要素の数のことです。

例えば現在主流の「1920×1080」(フルHD)という解像度なら「1920×1080」個のドットが並んでいて、それで絵や写真を表現しています。

最近流行っている4Kとはこの解像度のことで、「3840×2160」の解像度のことを言います。つまり4Kに対応している絵や画像を表示する場合、フルHDの4倍細かく描画することが出来ます。

PS4 ProやXbox One Xは4Kに対応しているので購入する予定がある方は4K対応モニタを買うと一層ゲームが楽しめるかもしれません。

HDR対応

f:id:minimum005:20170708135715j:plain

(引用:https://kakakumag.com/av-kaden/?id=4269)

HDR技術とは明るさ(輝度)の情報を従来の100倍多く表現する技術です。

明るさの表現の幅が広がることでメリハリのある画面に、また迫力のある画面になります。HDRに対応しているモニタ、ゲームは限られますが今後さらに普及することを考えると対応しているものをおすすめします。

リフレッシュレート

f:id:minimum005:20170708140251j:plain

(引用:http://fpsjp.net/archives/275921)

画面が1秒間で書き換わる回数のことです。単位は「Hz」で、例えば60Hzなら1秒間に60回画面が書き換わります。60Hz程度あれば滑らかに見えるので60Hz~をおすすめします。

 

応答速度

f:id:minimum005:20170708135857j:plain

(引用:http://fps.game2ji.com/monitor-outou/)

応答速度とは画面上のドットが他の色に変わるまでの時間を表します。単位は「ms」です。この応答速度が遅いとコントローラーでの操作と画面に遅延が発生してしまいます。FPSや格ゲーなど一瞬の操作が重要なゲームでの理想は「1ms」程度だと思います。

グレア・ノングレア

f:id:minimum005:20170708140015p:plain

(引用:http://fps.game2ji.com/glare-nonglare/)

液晶の仕様の差のことで画面に光沢があって光りが反射するのがグレア、光沢が無く光りが反射しないのがノングレアです。

グレア液晶は綺麗で鮮やかに映りますが、黒い画面のときに反射で自分の姿が写る、目が疲れるなどデメリットがあります。ノングレア液晶はグレア液晶に比べて綺麗さでは劣りますが目に優しく長時間見ていても疲れづらいというメリットがあります。

TNパネル、VAパネル、IPSパネル

f:id:minimum005:20170708140407j:plain

(引用:https://matome.naver.jp/odai/2138048118800217601)

パネルの種類は大きく3種類あります。

TNパネルは価格が安く応答速度が速いのがメリットです。そのためゲーミングモニタではTNパネルが主流です。

しかし視野角が狭く色変化や見え方が大きいため角度を付けた場所から見る状況が苦手です。

IPSパネルは視野角が広く綺麗に移るのがメリットです。

コントラスト比が低く応答速度が遅いですがゲーム用のIPSモニターも徐々に増えていっています。

VAパネルはTNパネルとIPSパネルの中間の性能を持ちます。

価格も中間くらいでしたが現在発売されている製品ではもうあまりありません。コントラスト比が高く一部のモニタにはまだ採用されていますがあえて選ぶ理由は無いと思います。

用途別おすすめモニタ

実際のおすすめモニタ・ゲームは次にまとめました。

www.minimal05.com