AndroidとiPhoneどっちを選べばいい?比較してみた

f:id:minimum005:20170624145819p:plain


スマートフォンはAndroidを搭載した端末とiOSを搭載したiPhoneの大きく2つに分かれます。今回はそれぞれのメリットをまとめてみました。どちらが自分に合っているか、参考にしていただければ幸いです。

Androidのメリット

自由度が高い

Androidの1番の利点はカスタマイズ性だと思います。例えばホームアプリを入れてホーム画面を自分好みに弄ることができますし、ランチャーアプリを入れてどのアプリからでも任意のアプリに切り替えることができます。またファイラーアプリの存在によりフォルダ・ファイルをWindowsのように自由にコピーや移動したりも出来ます。

自分で使いやすいようにカスタマイズすることで利便性が一気に上がります。

play.google.com

play.google.com

「戻る」ボタンが便利

Androidは「ホーム」ボタンの他に「戻る」と「マルチタスク」ボタンがあります。

iOSではアプリごとに「戻る」ボタンの位置が異なりますが、Androidでは「戻る」ボタンをタップすることでどのアプリでも同じように戻ることが出来ます。またアプリをまたいで戻ることが出来ますし、それ以上戻ることが出来ないとホーム画面まで戻ることが出来ます。

ちなみに「マルチタスクボタン」はiPhoneでいうホームボタン2回押しの機能で、アプリを切り替える際に使います。

文字選択が優れている

文字と文字の間にカーソルを合わせたいとき、文字を長押しするとiOS、Androidどちらとも虫眼鏡で拡大表示されます。iOSの場合このままカーソルを移動させますが、ずれてしまうことが多いので正直使いづらいです。Androidはキーボードに矢印キー(画像の赤丸部分)があるのでここをタップすることで一文字ずつカーソルを移動させることが出来ます。

地味なところではありますがこれは非常に便利です。

f:id:minimum005:20170624024138p:plain

 

おサイフケータイ&ワンセグ(端末による)

スマートフォンで電子マネーを利用したりテレビを見たりすることが出来ます。iPhone7はFelicaを搭載したことでSuicaやiDを利用可能ですが、AndroidはさらにEdyやnanaco、WAONなども利用可能です。

その他便利なところ

・通知ランプがある

Lineや電話など通知全般を前面の通知ランプの点灯で知ることが出来ます。

・スリープ解除(端末による)

ディスプレイを2回タップしたり本体をひねったり、楽にスリープ解除出来る端末があります。

・SDカードがさせる(端末による)

iOSは内部ストレージのみですがAndroidはSDカードで容量を増やすことが出来ます。

iPhone (iOS) のメリット

操作が直感的で分かりやすい&シンプル

Androidと比べて全体的にシンプルで使い勝手の良いインターフェースになっています。説明は難しいですがアプリごとの「統一感」も高いです。

ボタンはホームボタン一つですし、余計なアプリ(最初からインストールされているメーカー独自のアプリ)の量も少ないです。シンプルさで一つ例を挙げるとAndroidでは通知の音量とメディアの音量を別々に調節出来ますがiPhoneはまとめて調節します。

細かいところがシンプルor簡単になっていて初めての人でも利用しやすいのがポイントです。

f:id:minimum005:20170624153634p:plain

ゲームアプリが強い

ゲームアプリはiOSが優先されやすく、リリース日がAndroidより早いことも珍しくないです。またiOS用に最適化されているので性能が高いAndroidの端末よりもサクサク動きます。

普通のソーシャルゲームならどちらでもいいかもしれませんが、高い性能を要求するゲームや音ゲーをやる人は最適化されているiOSの方がおすすめです。

 

利用者が多い

利用者が多いため困ったことがあった場合に友人に聞くことが出来ます。電子機器が苦手な人には大きなメリットだと思います。また女性は特にiPhone利用率が高いですしiPhoneにしておけば安心感があります。

どれを選べばいいかよく分からないからとりあえずiPhoneっていうのはありです。

ケースが豊富

 Androidは各メーカーごとに端末が違うためケースが少ないですがiPhoneはとにかくケースが豊富です。

家電量販店などでケースを売っている個所も分かりやすく、お洒落なケースも多いです。利用者が多くてもケースで差別化することが出来ます。

その他便利ところ

・3D Touch

スマートフォンの操作には「タップ」「フリック」「スワイプ」などがあります。iPhoneでは「3D Touch」という機能により「軽く押し込んだとき」と「深く押し込んだとき」を判別することが出来ます。

これによりLineを既読を付けずに見ることが出来たり、メールアプリではプレビューを表示することが出来たりします。

・古い端末でも新しいOSのバージョンが利用できる

iPhoneはAndroidに比べて古い端末でもOSをしっかりアップデートしてくれます。2年くらいで買い替える人には関係無いかもしれませんが、3,4年くらい長期で使う予定の人にはありがたいです。

・ぬるぬる動く

iPhoneのほうが良いって人の意見に「Androidよりぬるぬる動く」ってのがあります。でも昔はともかく今のAndroidは頑張っていて、正直もう差がほとんど無いような気がします。ここは個人差ありかもしれません。

どっちがおすすめ?

自分でしっかりと設定出来る人にはAndroidをおすすめします。基本的にiPhoneで出来てAndroidで出来ないことは無いですし、細かい設定が出来るので使い勝手は勝ります。またWindowsとの連携もしやすいです。個人的には「戻る」ボタンの存在が大きく、直感的に使えるのはAndroidのほうな気がしています。

対して電子機器に弱い、みんなが使っている端末を使いたいという人にはiPhoneがおすすめです。またゲームをメインで使いたいという人もこちらがおすすめです。細かい設定は出来ませんがその分シンプルにまとまっていて簡単に利用できます。基本的な操作がしやすく困ったときに聞きやすいため、子供や女性、高齢者には便利です。

 

以上、両方使用している人の意見でした。どちらも素晴らしいと思うのでぜひ触って試してみて下さい。